So-net無料ブログ作成

探し物はこちら





17型コラーゲン [日記]

東京医科歯科大学のグループが、ある種のコラーゲンが過剰に出るようにした

マウスの実験では薄毛が抑制されたという結果を米科学誌サイエンスに発表するそうです。


きたか…!!

  ( ゚д゚) ガタッ
  /   ヾ
__L| / ̄ ̄ ̄/_
  \/   /


細かいことはともかく、17型コラーゲンとやらが毛包幹細胞の周辺にあり、

これがこの細胞の分裂にかかわるっていて、このコラーゲンが減少すると

毛包幹細胞が毛にならずに普通の皮膚になってしまうらしい。


まぁ、別に私はまだ薄毛には悩んでいませんが・・・減ってきているのは

明らかなんでちょっと興味津々。


でも、このメカニズムを利用した薄毛治療方法が確立されたころには

もう遅いだろうなぁ・・・・


やっぱり脱毛予防じゃなくて発毛(再生医療)にかけるか・・・・

今のところ、医薬品として「発毛」効果が認められているのは

ミノキシジルくらい、このミノキシジルももともとは血管拡張剤

として作られましたが、どういうわけか副作用に「多毛症」が

あらわれて、それを逆手にとって発毛剤としたものです。


wikiによるといまだになんで毛が生えてくるのかメカニズムは

よくわかってないらしい。


プロペシア(フィナステリド)もありますが、こちらは男性ホルモンを

別の物質に変え男性型の脱毛を抑えるタイプなので細かいことをく言えば

発毛じゃなくて脱毛防止ですね。


まぁ、変な薬を使うくらいなら潔くスキンヘッドにするかなどと考えていますが、

家族からは見た目が怖いからスキンヘッドはやめれと言われてます。






13型コラーゲン

ミノキシジル

脱毛治療


nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 12

コメント 0

トラックバック 0



探し物はなんですかぁ?


クリアネイルショット


セブンネットショッピング

アフィリエイト
人気ブログランキングへ
ブログランキング



ジオターゲティング

あわせて読みたい
  • SEOブログパーツ


SEO

  • reachWORD

seo great banner

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。